色のおはなし 滋賀草津市のカラーコーディネーター白川綾華

娘の表現する力を伸ばしてあげたいからカラーを子育てに取り入れています

time 2017/07/24

娘の表現する力を伸ばしてあげたいからカラーを子育てに取り入れています

ずいぶん前の話になりますが、父の車に乗って驚いたことがあります。

運転アシスト機能と言うのでしょうか?

決められた速度で走って前の車が止まると自動でブレーキを踏んでくれるんです。

技術はどんどん進化しているんですよね。

最近はAIと呼ばれる人工知能の進化もすごいし。

 

そんな時代に子育てをしていると
「この子の人間らしい部分を伸ばしてあげたいなぁ」
と本気で思います。

自分の思いを、言葉や絵や色で表現する力をつけてあげたい!

 

表現の仕方って、人それぞれ違いますよね。

だからこそ深くて面白くて大切にしたい部分だとわたしは思っています。

 

だから子育てにおいても娘が自分を表現する方法を色々と与えてあげたいなぁと。

言葉でのコミュニケーションも大切にしていますが、まだまだ言葉にできる単語の数も少ないのでそれだけでは不十分。

 

例えば、毎朝その日着る服は娘が選びます。

何色を着るか?何色と合わせるか?

どんな絵の服を着るか?

形は?スカートかパンツか?

この選択も、その日の気分を表現する方法のひとつですよね。

 

他にはお絵かき!

それも色んな物を使うようにしています。

ペンやクレヨン、絵の具、色えんぴつ、クレパス、パステル、、、

どれも仕上がりや感触が違うので、表現の幅が広がります。

 

どれを使うのかは娘が選びます。

日によって使うものも描くものも違う。

色も違う。

そのすべてを私はただ受け止めるだけ。

 

「色んな色があってにぎやかでいいね~」
「元気いっぱ~いって感じやなぁ」
「おぉ~!かっこいいね~」

そんな風に感じたことを言葉にして伝えます。

 

「上手に描けたね~」という言葉は使わないようにしています。

上手い下手というのは重要じゃないし、何にでも使える言葉を使いたくないという思いもあります。

わたしの単なるこだわりです。

いっぱい汚して遊んでくれると、精一杯表現できたのかな~って嬉しくなります♪

down

コメントする