色のおはなし 滋賀草津市のカラーコーディネーター白川綾華

いすみ鉄道 社長の鳥塚亮さんの講演へ

time 2017/01/16

いすみ鉄道 社長の鳥塚亮さんの講演へ

いすみ鉄道というローカル線をご存知でしょうか。

聞いておいてなんですが、わたしは知りませんでした。笑

知らなかったのですが、セミナーの案内を読んですぐにこの人の話を聞きたい!と申し込んだセミナーに昨日行ってきました。

 

いすみ鉄道とは、千葉にあるローカル線です。

ずっと赤字経営でそれを脱却するために社長を公募することになり、応募した鳥塚亮さんが採用されたのです。

それが2009年のこと。

その後、お金をかけずに人々の心を掴む様々なアイデアで黒字経営としたすごい方。

 

100分の講演は最初から最後まで楽しく聞くことができるものでした。

笑えるお話しも多くて、講師としても学ぶことが多かったですね。

 

いくつか印象に残った言葉がありました。

 

・何とかしなきゃいけない時に正論を言ってちゃ変えられない

・高校生、中学生の自己実現を応援している

・無人駅の掃除、花植え、草刈りをしてきたのは地域の人。まずは地域の人に”ありがとう”を伝えないといけないと思った

・ビジネスには器(キャパシティー)がある。それを考えて人を集める。

・ポスター一枚で田んぼの真ん中が観光地になる

 

この文章だけを読むと意味がよくわからないと思いますが、自分の頭の整理のためにも書かせていただきました。

 

わたしが感じたこと。

それは、色んな企画をされているいすみ鉄道ですが、その根底には「地域の人への”ありがとう”の思いを込めて地域に人を集める」という思いがあるんだなぁと。

そして本来の目的を終えたローカル線にどんな可能性があるのかを考え、それまでとは違うやり方を取り入れて「観光鉄道」として人々の心を掴んだ鳥塚さんの考え方や目のつけどころが本当にすごいなぁと思いました。

 

こうしてすごいなぁと感じる方から直接お話を聞ける今回のセミナーに参加してよかった!

本を読むのも好きですが、実際に会って感情のこもった話を生で聞く方が何倍も価値があるように感じます。

そう思うからこそわたしも今年はセミナーに力を入れていきたい。

わたしの思い、色の知識を生で目の前の方々に感情を込めて届けたい。

その目標がより一層くっきりはっきりしました。

鳥塚さん、ありがとうございました!!

down

コメントする