色のおはなし 滋賀草津市のカラーコーディネーター白川綾華

トイレリフォーム!後悔しない壁紙選びのポイント3つ

time 2018/08/22

トイレリフォーム!後悔しない壁紙選びのポイント3つ
白川あやか
わが家のトイレがキレイになりましたー!

主人から「トイレのリフォームしよっか?」と提案が♪
わが家は築25年の中古住宅なので、トイレが新しくなるなんてワクワク。

壁紙の色、柄をどうするのか、私のこだわりが発揮されることとなりました。
見本帳のページを行ったり来たり、じーっと見続ける私に主人は少しあきれ気味でしたが。笑

そんな主人の視線なんて、気にしない!
快適なトイレにしたいので、真剣に選びましたよ。

トイレの壁紙選び ポイント1:明るい雰囲気になるように意識する

トイレの内装を決めるときに意識したいのは、明るい雰囲気にすること。

白川あやか
清潔感が大切な場所ですからね!

明るい雰囲気にするには、明るい色を多く使うようにします。

今回私は、3種類の壁紙を使おうと考えていました。
爽やかな雰囲気にしたかったので、色は白と青系の組み合わせで。

青系の壁紙を1面に使うと、部屋を実際より広く見せる効果もあるんですよ!
狭いトイレにはピッタリの戦法(^^♪

トイレの壁紙選び ポイント2:テーマを決める

トイレに入ったとき正面にある壁の壁紙選びからスタート。
ここは一番目に入る部分なので、柄物にしましたよ。

カタログから選んだ壁紙がコレ!

●おさかな柄

カワ(・∀・)イイ!!

白川あやか
娘も喜んでくれそう

この時点で、テーマは『海』に決定!

テーマが決まると、他の壁紙、床材選びに統一感が生まれます。
失敗しないためには、テーマを決めて選ぶのがオススメ!

続くもう1面は海の中のようなブルーを選ぶことにしました。
と言っても鮮やかすぎる青は爽やかさとはかけ離れたカジュアルな雰囲気になってしまうので、淡い青(=水色)に。

こんな風になりました!

この便器の背中部分の青色を決めるとき、おさかなの壁紙で使われている青に近い色を探しました。
青は青でも「緑寄りの青」や「紫寄りの青」「真っ青」など色々ありますからね。

ここで手を抜くと、仕上がったときに何となく違和感を感じる原因になってしまうので注意が必要なんですよ。

残りの2面は白い壁紙を選びました。
ここでも、真っ白を選ぶのか、黄みのある白を選ぶのかで仕上がりの雰囲気が変わるので慎重に決めていきます。

今回は、真っ白だと刺激が強すぎるので少ーしだけ黄みを感じる白を選びましたよ。

そして最後に床のクッションフロアの柄を決定。
砂浜のような淡いベージュにしました。

トイレの壁紙選び ポイント3:適当に選ばない!こだわるべし!

こうしてこだわりのトイレが無事に仕上がりました。

リフォームしてからトイレに行くのが嬉しくて嬉しくて♪
便器がコンパクトになったのもあって、トイレがすごく広く感じるんですよね。
快適になりました!

主人からは「トイレだけでこんなにこだわるんやったら、家一軒ってなったら大変やな。」と言われましたが、
快適な住まいにするためには真剣な色選びが欠かせません!!

ぜひこだわって選んでくださいね。

自分では選べへん!という方は、プロのカラーコーディネーターにご相談ください。

白川あやか
ご希望の雰囲気に合った壁紙、床材選びをお手伝いします!

 

ご相談はこちらから

色選びに迷ったときは、お気軽にご相談ください!
お問い合わせをお待ちしています。

この内容でよろしいでしょうか。よろしければチェックをつけて送信してください。

down

コメントする