色のおはなし 滋賀草津市のカラーコーディネーター白川綾華

「 カラー × 栄養 」 vol.7 【 枕が相棒!これでぐっすり眠れるよ!】

time 2020/06/07

「 カラー × 栄養 」 vol.7 【 枕が相棒!これでぐっすり眠れるよ!】

寝つきが悪い、そんなときありませんか?

布団に横になったとき、視界にはいってくる色は少なくしておきましょう。

電気を消して、真っ暗にしても私たちは肌で敏感に感じとっているものです。

寝室は、物を減らして、色は落ち着いたカラーがオススメです。

寝つきが悪いときには、体の緊張がほどけるベージュやパステルカラーを。

真っ白の寝具は体を緊張させるのでNGですよ!

寝る前に光の刺激を受けすぎると脳が興奮状態に。

テレビ、パソコン、スマホを寝る前に見ないようにするとスムーズに眠りに入ることができます。

+————————-+

コーヒー、コーラ、チョコなど、カフェインを含むものは目が覚めてしまうので、寝る前には控えましょう。

質のよい眠りには、「快眠ホルモン」を増やすと効果的!

たんぱく質に含まれるアミノ酸(トリプトファン)により作られるので、夕食にはたんぱく質を多く含むお肉、お魚、卵、などを食べると良いです。

「寝る前に小腹が空いてがまんできない」という方は、ナッツ類やバナナにも多く含まれるのでおススメですよ。

温かい飲み物で身体を内側から温めてあげると、身体が冷やそうとする働きから眠気を誘います。

ホットミルクには、ほどよい満腹感も得られ、これからの寒い夜にはおススメです。

+————————-+

カラーコーディネーター 白川 綾華

管理栄養士       木下 仁美

down

コメントする